2008年06月26日

DISSIDIA FINAL FANTASY

http://www.square-enix.co.jp/dissidia/

公式サイトオープン!!
メンバーズサイトでトレーラーが見れます!

いやぁ、かっこいいよ。

てかね、クジャはね、あのお方っぽいのですよ。
てかあのお方のイメージは前からあったんですけどね。

ええ、そりゃあ、もう、絶対予約して買いますよ!!


なんとなくですけど、ティーダの運動能力というか身体能力、
あがりすぎじゃね?
おとんが出てくるんだねー。
シンだねぇー
posted by DJ.ARATA at 23:55| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

「初恋」にもの申す

リメイクされるっていうことは、元が良いってことだから、
リメイクしたものが前作を超えないってことはよくあることだけれど、

それでも許容範囲ってあるじゃない。


黒澤明の方が好きだけど森田芳光も新しい解釈でよかったねとか
尾崎豊を超えるこたぁできないけど宇多田ヒカルの声も素敵だったとか


でも、今回のGOING UNDER GROUND『初恋』はイケてねぇ



全然「初恋」じゃねぇもん

そりゃ村下孝蔵のオリジナルがやばいくらいエエということで落差はあるものの
こりゃ違うだろ



だって、演奏はとりあえず置いといて

あの歌い方


ぜんぜん「好きだよと言えずに 初恋はふりこ細工の心」なんて繊細なこと、言いそうにない歌い方やもん。

ぜったい「おれ、めっちゃ好きやねん」とか言いそうな感じ。


「放課後の校庭を走る君がいた
遠くで僕はいつでも君を探してた」
とか言わないぜ。普通に一緒に帰ろうとちょっかい出すタイプだぜアレ。

「五月雨は緑色」とか「夕映えはあんず色」とか
「風に舞った花びらが 水面を乱すように愛という字書いてみては ふるえてたあの頃」
とか、そんな詩的なこと、絶対思わないぜソレ。

まだオイラの方がうまく歌える気がするドレ。


平川地一丁目の方が全然いいぜコレ。



うむ。CMの堀北真希ちゃんくらいだな。許せるのは。
posted by DJ.ARATA at 22:26| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

GW=芸術walking「観劇:トゥーランドット」

去る4日(日)のことですが








行ってきましたよ!!


STAFF

演出:宮本亜門
音楽:久石譲
衣装:ワダエミ
脚本:鈴木勝秀
作詞:森雪之丞
振付:ダレン・リー

CAST

トゥーランドット姫:アーメイ(張惠妹)
カラフ:岸谷五朗
ミン:早乙女太一
リュー:安倍なつみ
物売り:北村有起哉
ティムール:小林勝也
ワン将軍:中村獅童



超。超超豪華メンバー。


高いチケットだったが、ほんとに見てよかった。

・岸谷さんはほんとに上手い俳優さん。舞台の人だから声もほんとによく通る。小さい声でさえ2階席で聞こえる。もちろん小さい声とわかるように。うますぎる。

・早乙女太一くん、ほんまきれいな子やな…。女形おそるべし。ただ、あんなに大きい舞台はあまり慣れてないのかな。2階席まではちょっと…という時はありましたな。
でも…もっと練習すれば…末恐ろしいですな…。


・だれもが「観に行くの!?うらやましい!!安倍なつみはどうでもいいけど」と言ったなっち。その声に同調しなかったオイラ。だってモー娘。で唯一好感をもってたのがなっちだもん。なっちがやめた瞬間にモー娘。は終わった。で、それから演劇への道を選んだのか、ほんとに声が通ってます。よく練習されています。歌も当然うまい。…たぶん会場の人が一番ヤラレタのは彼女だと思う。

・北村さん。この人がいなきゃこの芝居は成り立たないってくらい重要な役を絶妙なテンションでこなしてます。
「オセロー」のイアーゴ、「夏の夜の夢」のパックのような主役ではないけども裏の主役と言ってもいい役ですな。
…うまい!


・小林さんがすごいのは、もう大御所だから語るまでもないでしょう。

・獅童ちゃん。もう、サイッコー。この人うますぎるわ。本日のBEST科白は彼の「残念だ」
このセリフにしびれました。小声で、しかし力強く、マイクかもしれませんが2階までしっかり聞こえてくるし、何より発するまでの間が最高。毎回うまいうまいとは言いながら、今日で完全にファンです。


・さて、主役のアーメイさん。歌手だからそりゃあもう歌はうまい。北京五輪のテーマソング歌手候補にあがっているだけあって。日本語も今回のために一から勉強したんだからすごい!まぁ…ただ…すごいんだけど、やっぱり周りが流暢な日本語だから、やっぱりちょっと浮くよね…でも、、姫だから…かえって神聖になってるのやもしれぬ。



もちろん音楽もよかった!サントラでたら絶対買う。衣装も鮮やかでどれも着たいと思った。ほんとに着たかった。

演出も「宮本亜門」って感じだった(笑)



でも残念だったのはラスト10分。

ふと自分が引いてしまい、第三者的になってしまって、興奮の冷めたエンディングになってしまった。
何が原因なのかは考えたが、一瞬、「これ、エンディング?」と思ってしまうシーンがあって、
「あ、違うんだ、続くんだ」って思った瞬間に醒めてしまったんだと思う。

それまで舞台や、出演者にしか目も意識も向かなかったのに、1階の客席の人まで視界に入っていて、
「醒めた」自覚がほんとにあった。


いやだがしかし、勉強になることはたくさんあった。
「残念だ」 あの空気が作れるようになりたいなぁ。


獅童ちゃんいいよ獅童ちゃん。

パンフレットも2800円もしたけど、ブックデザイナー祖父江慎さんの仕事とあって、凝ってる凝ってる!
めっちゃおもろかった。学ぶことの詰まった一日でしたな。

posted by DJ.ARATA at 23:59| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

GW=芸術walking「京都」


京都へ「生誕100年記念 秋野不矩展」を観にいきました。

080503_flyer363recto.jpg





不矩さんの絵を観るのは実は初めてなのですが、
本当にすごい人だったんですね。90歳を超えてからもインドやアフリカに足を運び続けたなんて。

芸術って、やっぱり情熱に突き動かされて生まれるものなのでしょう。

印象に残っているのは
アフガニスタンの空の青さと、
回廊の陽ざしの強さ。

子ども目線だとどうなのかな、と、しゃがんで観ると、
金絵の具(金箔?)が反射して、より陽ざしを強く眩しく感じました。


お昼を食べに食事処へ入ると、フランス人カップルと合席。
しかもちょっと話してみると、ハネムーンだとか。

そんな大事な旅行に日本を選んでくれてありがとう。
そして京都・奈良を選んでくれてありがとう。

英語できなくてごめんなさい…。
もっと説明してあげられたらよかったのに…



気を取り直して観光!

























道中のポスターでとっても魅力的なもの発見。

080503_empire.jpg




こりゃ行くしかない!ってことで行ってみると…


すげぇ!!

久々に出会えたというか、こういうのだよこういうの!!!って思える写真ばかり!!
オイラの好み直球ストレートど真ん中。 よりちょっと内角って感じ。


思わず笑っちゃうものとかね…、、、、あれ手帳にはさみたい。毎朝見るだけで元気でそう。

不矩さんだけでなくこんな方にも出会えるなんて!!
今日はやっぱりGW!!

この美術館もすごく良くて、




こんな演出。掛け軸が!?





家の庭に見えて…









実はビルの5階。
すげぇ。エレベーター開いた瞬間これよ?
ちょっと鳥肌たちますよ。



かなりオイラの感性刺激された1日でした。
また新たに創作意欲が出ましたさ!


そういえば、行きに京都駅で、東国原知事とすれ違いました。

…あれ?と振り返ると、周りのみんなも振り返る。
あの四方の黒スーツのかため方。要人に違いない。やっぱり知事だったんやろなぁ。





京都って、やっぱ       何回来てもええなぁ
posted by DJ.ARATA at 23:50| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

【カワイスギル】子パンダの乱闘





ニコニコ動画見れる人は是非。

てか、下の字幕もよかったりする(笑


オイラは左のやつか右下にいるやつらのポジションがいいなぁ
posted by DJ.ARATA at 22:32| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

石田祭とロスタイム

石田祭でしたね!!!





何がって、







超人気映画作品が直接対決!!

『タイタニック』後編(日テレ)vs『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(フジ)!!!






タイタニック:(主人公)ジャック


ハリポタ:(今回の敵役)トム・リドル





…ともに石田彰さまですッ!!!!



もーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



どっちを見ろっていうのさぁッ!!!!!!




でもさぁッ!!!!!!!!!!







正直ジャックは違うよ!!!!!!!!!!!!



ディカプリオの声じゃない!!!!!!!!!!!



なんていうか…



そこまで裏のありそうな顔じゃないよ!!!!!
(ごめんディカプリオ)



というわけで、
やっぱりハリポタの敵役の方がピッタリでした。
さすがは変態声。





大好きだ。





そのあとTVつけっぱにしてたら『ロス・タイム・ライフ』が始まったんだけど、

これ、めちゃおもろいな。真木よう子うますぎやしカッコよすぎ。

常盤貴子の回見てないからDVDでたら借りよっと。

こういう、死んだ瞬間ロスタイムに入って、

さぁ何をするかっていうアイデアはすごくいいね!

それだけでワクワクする設定だ。




オイラも勝手に設定をお借りして1話作ってみようかねぇ。






.
posted by DJ.ARATA at 23:50| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

STAR WARS シリーズ

すべてみました。


世間での評判は知りませんが、印象を一言で言うと、

「旧3部作(Ep.W〜Y)の方がいろいろな面で優れている」


CGはさすがに新3部作の方がきれいですが、
・脚本
・躍動感
・吹き替え
においては旧作ですね。

字幕で見ているので翻訳がうまいとも言えるかもしれませんが
おそらく脚本そのものでしょう。

新作は「?」なところがいくつかありました。
グッとくるセリフがありませんでしたし。

ちなみに旧作で一番印象に残ってしまったセリフは
有名なハリソン・フォードのあのセリフではなく
エピソードWのラストのほうで

ハン・ソロ「遅いぞ」
レイア「友達にバッタリ」


こんなとこで出たよアメリカンジョーク!!!

ふいをつかれてやられました。



キャラクターの躍動感(主人公たちだけでなく周りの町の様子)や
ハラハラドキドキ感も旧作の方が良かったですね。
魅入るものがありました。
まぁどうしても新作は「最終的にどうなるか」がわかっているのでしかたないですが。

ただし、EP.2のヨーダのカッチョよさは尋常じゃぁない。


吹き替え。
いや、基本的にはすごく素晴らしい配役なのですが、
新作のパドメの坂本真綾が…

いや、声の印象が違うってのあると思うよ。
オイラの中でのナタリー・ポートマンはあんなにかわいらしい高い声ではないと思う。
英語しゃべってるのはどうしても高く聞こえるけど。

でも印象とかっていうよりは…演技力なんじゃないだろうか、と思ってしまった。
だって、声に違和感あっても、見てるうちに気にならなくなったってこと多いし。あれは慣れもあるけど、やっぱ演技がうまいから自然にその役になってるんでしょう。

まぁ、なにはともあれ、これでまた一つ、世界基準になれました。
いままでSW見てないことが気になってたのよぉ。
posted by DJ.ARATA at 23:58| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

エメラダ ―戦場の絆

思いのほか良かった。




え。なんで。なんで評価とか感想とか載ってないんやろ。
って不思議なくらいおもろかったよ。サクサク読めるし。
あれ?徳間ノベルズが有名じゃないってこと?

あれれ。他のライトノベルはそれなりに感想なりなんなりがアマゾンとか書評載ってるのに。
これおもしろくないの?
オイラの感覚が安っぽい?もしかして。

確かに既視感はある。どっかで見たような展開…
だからこの先きっとこの人がこうなる…的な読みはできてしまう。

でもスピード感があって頭にスーッとアニメが流れてました。ずっと。
もちろん表紙の平井さんのイラストで(笑)

ロボットの構造・容姿、人間との関係などオーソドックスで新たな価値観の提案もないけど、
その分、自分にコレがアアしてソウなったらどうするだろうVer.も想像しやすかったし、
脳内のアニメは音響までしっかり作れて、読むの楽しかったけどなぁ。

こういうガンアクション独特の気持ち悪さみたいなのもあまりなかったし。

そうか!
オイラみたいな初心者向けか!!
慣れた読者にとっては退屈なのだな!!!

納得。

posted by DJ.ARATA at 18:33| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

『王の男』

韓国映画をちょびっと観ました。


…普段は字幕で観るのですが、今回は吹き替えで観ましたよ。




何故?


そりゃぁ





イ・ジュンギの声が「石田彰」さんだからでしょう!

ああぁもぅ、いいわぁ。
この人、ほんま、こういうホモっぽかったり変態ぽかったりする声うますぎ。
セクスィーヴォイスですわぁ…

ちなみに相方役の森川智之さんも男前VOICE。



え?話?

ええ、話もなかなかええですよ。
なんか妙に泣けるっていうかオイラは幸せを感じましたよ。
こういう生き方はできそうでできないよなぁって。


posted by DJ.ARATA at 23:55| 大阪 | Comment(2) | TrackBack(0) | 鑑賞感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

ギターの音は好きな声

一万年と二千年前から愛してる
 八千年過ぎた頃からもっと恋しくなった〜♪


ということで。

観たこともないアニメの主題歌がループしてます。
一時期映画のCMとかパチンコ?のCMで流れてたから
やたら覚えてしまった。

こういうのって、一度リフレインしだすと、一日中止まらないよね…

だから今日はずっと愛してました。

ええ、そりゃぁもう1万年と2千年前からずっと。


でもあの歌歌ってる人、うまいよね。
声高い音がきれいに出てるし。…まぁ歌手なんだから当たり前なのかもしれんけど。


で、毎回毎回声優の話題が増えてるんだけど、
楽器も声に聴こえるときあるよなぁ。

とくにチェロなんて、渋いイイ声の旦那って感じで、
ただ聴いてるだけで幸せだ。

そして、アコースティックなギターも、
調子いいんだけど実は憂いを感じる声な気がして好きだー
(またお話になってるぞ)

で、おなじみのYOUTUBEで、オイラの好きなDQ4の音楽をギターで演奏してる方がいて、しかもかなり好みの音なのでご紹介。

ドラクエ知らない人もぜひ聴いてください!
これは普通に聴いてもいいと思いますよ!

DQ4 勇者の故郷




キーボードでもDQ5の愛の旋律とか
DQ3のおおぞらをとぶとか名曲が…!!


下のなんかは、名曲「おおぞらをとぶ」をファミコン版からPS2版、そしてオーケストラ版までつなげて見せて聴かせてくれます!!

懐かしいので必見です!
知らない方も、後半のオケはいいですよ!

N響のクラ、最高です。


N響に演奏していただいてる時点ですごいけども。



FC GB SFC PS2 N響 ロンドンフィル 東京都交響楽団

オケを比較できるんでけっこう楽しいです。
同じ楽譜でもやっぱり全然違うんだなぁって。
クラの聴き比べにもいいですね(笑)
posted by DJ.ARATA at 23:48| 大阪 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 鑑賞感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

とうとう日月先生がプロになっておられる。

とうとう、なか卯恒例の「鴨おろしうどん」がスタートしました!

いやぁ。なか卯だと思ってなめてかかっちゃいけない。
あの味、あなどれない。
オイラは鴨なんばとか好きだから余計にかもしれない。


そんなことはどうでもいいとして、



とうとう!!
我らのタチモリ先生が!!!
台湾の雑誌の表紙を飾りました!!
そして特集記事まで!!!

詳細は→先生のホームページまで!

今日、ご本人から雑誌が届きまして、
じっくり拝見させていただきました。

すげぇよ。
てか、作品の名前と掲載場所が間違ってないか?
まぁ細かいことだが。

やべぇよ先生!
これで先生の夢が叶いますね!!
近いですよ!
先生の絵がラルクのジャケットを飾る日が!!!


一緒にラルクのライブ行けるようにチケットGETがんばりまふ!!
posted by DJ.ARATA at 20:46| 大阪 | Comment(3) | TrackBack(0) | 鑑賞感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

ガンダムSEED DESTINY …

インフィニット・ジャスティス!!!!




同人誌ですね。コレ。


アスランをめぐる女の戦い
誰が主役なのか三つ巴
ストーリー破綻…崩壊との戦い


…何があってもランキング上位者を応援するぞ!!


…と言っても2人死亡1枠空席なので
実質2人だったんですけど。

1位がムウ・ラ・フラガさんだったんで、
この同人誌アニメは主にアスラン隊長を応援することに。
…ディアッカは全然出てこないし…。

そして最初から誰が主役なのかわからないほどのシン・アスカ。
ガキでアホで痛すぎる少年。

アスラン隊長への暴言の数々。
命令無視。それが良い方向にまったく向かっていない状態。
イライラ。


はい、もう処刑ですね。


インフィニット・ジャスティス!!!!


法廷で叫びたくなるこの妙に正義感あふれる響き。

アスランも前作よりちょっとキャラが変わってるし。
これで好きになる人もいれば嫌いになった人もいるだろうなぁ。
まぁもとから彼には女難の相はありましたが。

そして
【アスラン・ザラ ネオ・ザフト説】 さらに有力に!(笑)

この突っ走り方、もう疑いようがありませぬな。

で、有名な話のようなんですが、
キラの主役のっとり。
最初はスタッフロールの2ページ目か3ページ目にいた

キラ・ヤマト 保志 総一朗

がじわじわとランクアップしていき、気づいたら

シン・アスカ
アスラン・ザラ
キラ・ヤマト

の3巨頭になり、


そしてラスト2話では


キラ・ヤマト
アスラン・ザラ
シン・アスカ



いつしか二人の友情の物語に…




不甲斐なさすぎる!!


そしてキラ悟りすぎ&枯れすぎ。(笑)




それを踏まえて!
オイラの★ガンダムSEED DESTINY RANKING BEST5★



1.アスラン・ザラ(やっぱ今作では主役でしょう)
2.ムウ・ラ・フラガ(出番が少なかったし。思い出したのは素敵なんだけどそれまでがちょっとなぁ)
3.トダカ一佐(…素敵です。)
4.ディアッカ・エルスマン (グゥレイトは永遠に)
5.メイリン・ホーク (姉も惜しかったがな、仕事ができなさすぎて…笑)


キラは今作で完全に別人になっているので抹殺ランキングからはずれて
通常ランキング10位圏内になりました。

もちろん代わりにシンが入ってます(笑)
同情分を差し引いても好きになれん…



乗りかかった…というか乗ってしまった船なので、スペシャル・エディションなるものも
観てみたのですが…DVD4枚で   最初の1枚目からスタッフロールの一番上は



アスラン・ザラ



一瞬の主役にさえしてもらえなかったね…
posted by DJ.ARATA at 23:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

オススメコミック【チェーザレ】





衝動買いしたマンガがめっちゃよかった!!!
というのは最高の気分ですな。オススメですよ!!
と言っても歴史物なので好き嫌いはあるかと思うけども、
講談社から出ている惣領冬実の『チェーザレ』!!!
とりあえず良いことだけはお伝えしておく。
まだ3巻までしか出てないが、話の流れ方、引き込み力がすごい!!
チェーザレもさることながら側近のミゲルが超タイプなんだけど(笑)

まったくわからないと思うので少しだけ解説すると、
ルネッサンス期のイタリア政治家チェーザレ・ボルジアの生涯を描いていくマンガ。
マキャヴェッリ、ジョヴァンニ・デ・メディチ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、コロンブスなど、
超大物ばかり登場します(笑)天才好きのオイラにとっては素敵なマンガ。


いいなぁ。オイラはミゲルが好きだけど。(しつこい)

だってダ・ヴィンチだし、マキャヴェッリだよ!
いいなぁ。オイラもこの時代この場所にいたいなぁ。

…もちろん with会話についてける脳みそで。

ちょっと非情なキャラが好きなのかもしれません。
自分がそうなりたいから。(ヲイ)
posted by DJ.ARATA at 00:00| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

機動戦士ガンダムSEED・嗜好分布図

(めちゃめちゃ長いです)

新しいテレビも、例の流れに従って、
「機動戦士ガンダムSEED」の犠牲者となった。


さて、ここで突然ですが、好きなものや興味があることを考えるとき、
あなたは以下のどのタイプになりますか?

分布図。



客観的分析型
自己流定義型
超私情熱弁型
俯瞰的解説型


あなたの批評の仕方です。
要は語るタイプと解析するタイプ。

客観なんてないと思いますが、
一応主観的になりすぎないように考えているのか遠慮ナシか。


オイラは主観寄りで、しゃべるときもあれば静かに熱く書きなぐる!数字に表してみる!が多いね。

で、今回のオイラ的分析は


ガンダムSEEDとは―




音楽 : 65%

声   : 30%

テレビ : 5%



やっぱいいテレビで、見ると、良く見える。



…お話としてダメじゃんソレ。

脚本が悪いよ!
だってねぇ、どうみても初代ガンダム&Zガンダムと同じ
展開、構成、場面が多いんだもん!


ガンダムである以上、どうしても重なってしまうところもあるだろうが、
それにしても…同じじゃないか???

ランバ・ラルを思いだしちゃうじゃねぇかよォ。
クルー同士の関係とか細かいところで同じじゃん!!!って。

絵も好きじゃないしね。萌え萌えしすぎてて…。
うまいけどね。
平井さんて人がうまいんだな。あの人が描いたんだろうなってシーンはよくわかる。
他のスタッフが下手すぎるのか?


じゃあ65%の音楽!
ほとんどの主題歌はアニメを見る前から知っていた。
というのは流行っていた、ということ。
これはすごいことだと思う。
SEEDの影響があるのは否定しないが、それ以上に音楽としての完成度が高かったんだろう。
ちょうど音楽業界が低迷してた時期だし、そのころの自分のMDを見ると、ほとんどすべて入ってた(笑)


INVOKE -インヴォーク- (PHASE-01 - PHASE-13)
:T.M.Revolution
moment(PHASE-14 - PHASE-26)
:Vivian or Kazuma
Believe(PHASE-27 - PHASE-40)
:玉置成実
Realize(PHASE-41 - FINAL-PHASE)
:玉置成実
エンディングテーマ
あんなに一緒だったのに(PHASE-01 - PHASE-26)
:See-Saw
RIVER(PHASE-27 - PHASE-39)
:石井竜也
FIND THE WAY(PHASE-40 - FINAL-PHASE)
:中島美嘉
暁の車(挿入歌)
:FictionJunction YUUKA

うんうん。いい曲多いな。改めて聴いてみると、一応SEEDを意識して書いてたんだなぁと思える。
そうなんだよ!
SEEDを見て数少ない感心した点は音楽の使い方と徹底。
アニメの曲はアニメの曲じゃないといけないんだよ!
主人公なのか誰なのかはわからないが、感情移入できるような、
話に重なる描写があって興奮できるものでないと!
音楽は満点に近いな。
「これって○○の曲だったよな!」と後から思い出せる曲がいいよね、やっぱり。
ドラゴンボールみたいにモロにタイトルを入れる必要はありませんが。

TMチョーかっこええし。

オイラはT.M.Rや宇多田ヒカルのような近未来的な声にひじょうに弱いです。
一発でノックアウトです。


声。そう、これはもう生理的な問題。
心地いい声ってあるやん。もちろん好きなキャラクターランキングと密接な関係があります。


キラとアスランでどっちが好きかって、アンケートでだいたい拮抗してるんだけど
(WEBでいくつか投票結果を見た)
信じられん。

アスランだろう!!!!
キラなんて所詮オノレのことで悩んでるのに対して
かなり不幸な割合で人のことで悩んでるんだから!アスランは!!
自分のことも悩んだり人のことや国のことやら…ほんとおバカさんなんだから!
君はO型なんだろう!!? (血液型の問題かよ)

まー、そういうバカなところがまた、好きなんだがね。フッ。

それにね、横顔がね、ジブリの美少年キャラになるときがあるのですよ。
(キラにはない。)
正面からは萌え萌えすぎな顔が多いけど、横顔はタイプなときが多いなぁ。
あの目が好きだー。正面と横と、絶対別人だろ…。

そして、色気ですよ色気。
(キラにはまったくない。)
アスランは気絶してもなんでだかミョ〜に色気がある(笑)
絵というよりは人間性の気もしますが。

で、なにより声に色気があるのでノックアウトです。


てかさー、こいつクールに見えてかなりアツイ!!!
そして国じゃあカリスマ的ヒーローだろ?

ヤバイなー。
こういうやつが、また世界が混沌としてきたときに30くらいの若さで大組織のカリスマリーダーになっちまうんだよな。

ネオ・ジオンならぬネオ・ザフト!!!とかなんとかさ(笑)

生真面目すぎるだけに誰も止められねぇし、自分が間違ってるとか思わんし。
やばいなー。

三十路のアスラン。


…けっこういい男になってそうだ…。(ボソッ)


そして、アスランはやっぱりザフトの制服着てるのがいいって。一番。
だから帰りな。他のヤツ。

あ、お分かりかと思いますけれども、
個人的にキャラ萌えしやすいタイプです。が、
どうがんばっても(?)ボーイズ・ラヴにはなれません…

全国の腐女子と呼ばれてしまっている方々はすごいね…
想像力が!!!
確かにキラとアスランの友情はなぜか
ベタツキを感じる梅雨明けの初夏を思いますが
やっぱその二人をくっつけるのは…オイラの妄想力でも厳しい…。


アスランアスラン言うてますが、一番タイプなのは
申し上げなくてもお分かりの通り、ムウ・ラ・フラガ少佐でござる。

声優が子安武人さんの時点ですでに勝負あったなんだけども
やっぱ大人がいいよねぇ。ああいう兄さん大好きだぜ。
やっぱ大人だ大人。

三十路だ三十路。
…彼は30にはなってないけど30近いはず。。。




それを踏まえて!
オイラの★ガンダムSEED RANKING BEST5★ 中盤まで


1.ムウ・ラ・フラガ
2.アスラン・ザラ
3.
4.
5.



…他の追随を許さない。この2人。
世はまさに大空位時代。

他にいないのかよ…!!




そして最終話を迎えて!


1.ムウ・ラ・フラガ
2.アスラン・ザラ
3.
4.ディアッカ・エルスマン
5.ニコル・アマルフィ



Z.A.F.T大健闘。


ラストに近づくにつれ、サブキャラクターの個性が決まってきた感じはするね。
5には入ってないけど、ナタル・バジルール少尉は女性としてかなり高ランクだな!
フレイも終盤追い上げたけど。

…オイラが好きになるキャラは、基本的に死ぬんです(笑)

ザフトががんばったことに関しては自分でも驚きですが。
ただ、スナフキンな子安さんは好きなことがわかっていただけに
突き刺さり率はアスランの方が鋭角。

今回で完全に石田彰ファンになります。急上昇です!

ランキング急上昇率で言えばディアッカ(笑)

喜べお前ら!
オイラはランキング上位者をかなり優遇するぞ!
盲信的に応援するから(笑)

その変わり下位には当然厳しい当たり方を。
キラ・ヤマトはもちろん袋叩き。


ちなみに、SEED&SEED DESTENYの名場面投票で(サンライズ主催:http://www.sunrise-inc.co.jp/bestscene/
DESTINYはなんだかロボロボしてるぞ。。。
しかもお墓参りとかあるぞ。




…オイラはDESTINY見るなってことだな(笑)


posted by DJ.ARATA at 23:22| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

時をかける少女

観ました。


…めっちゃええやないかーーーーー!!!
そしてまた、つながりましたよ!!

オウガ―ヒカ碁ー豊高 ラインが

オウガ―ヒカ碁―豊高―時をかける少女 ラインに!!


前の考えに要素を追加して

『次の時代への架け橋』

未来のためにとにかく今を精一杯生きなきゃいけない。

んー、言葉にはしにくいのだけれど、そういう感じ。



最後はうるっときますね。
原作とはちょっと違うし主役がバタバタしすぎるところがあるけれど、
考えさせられるところがたくさんある。


あー、タイムリープしてぇ!!

(お前ほんとに今を精一杯生きる気あんのか)

posted by DJ.ARATA at 23:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。