2008年07月20日

(妄想)蝉の恩返し

夕刻、西中島のファミマ前・植木にて、セミの幼虫がアスファルトの上にノソノソ這い出ていました。

どうやらセミはだいたい、晴れた日の夕方に羽化すべく地上に出るらしい。
明るいうちは羽化の無防備なところを狙われやすいためだとか。
だから、まだ少し明るい空へ向かって木を登っていくのだ。

しかし、そのセミは一心にファミマの入り口へと向かっていました。

明るさに引かれたのか
迷子なのか
ポカリスウェットが飲みたかったのか
好奇心が旺盛なのか
単にアホなのか


隣には誰かに踏まれ死ぬ間際の子もいました。

このままにしていてはこの子も踏まれて死んでしまう。
不憫に思ったオイラ(の隣にいた友人)は、その子を手に取り、木の幹へくっつけてやりました。

すると夢中になって上へ、上へと登っていくではありませんか。
ヨロヨロして危なっかしいソイツを、ついつい愛着を持って見てしまいます。
近くにはスズメやら天敵の鳥が飛んでいます。

おまえ、そんなところでトロトロしてたら見つかっちゃうよ!!
思わずドキドキしてしまいます。
その木には、幹の下、ほぼ地面近くで羽化したセミの殻がありました。
そんな根性ナシがいる中、ソイツはどんどん登っていきます。

虫嫌いではあるけれど、昔、抜け殻集めをしたせいか、
セミの幼虫さんはちょっとかわいくも感じなくはない。

セミの悲しい運命をたくさん見てきたオイラ(の隣にいた友人)は
「あの子、あんなに高いところまで登って、…羽化する体力がなくなっちゃうんじゃないかな…
羽化できずに殻の中で死んでしまう子はたくさんいるねん…」
とつぶやきました。

そいつはほんとに高いところまで懸命に登り、枝分かれに辿りつきました。

人生の分岐点です。
左に行けば細道、落ちてしまうかもしれません。

しばらく止まっている…人生の選択に悩んでいるのです。

意を決して上り始めたのは右。
偉いぞ。

その先もさらに上り続け、再び分岐点へ。
また長い間止まっていました。


そののぼっていく姿に、生命の神秘、素晴らしさを感じて感慨にひたっていました。
小さなことにも感動する。

ほんとにこれは大事だなぁと。




思えば、これは我々の人生そのものじゃないか。
死んでいたかもしれないところをオイラ(の隣にいた友人)に助けられたのも運命。
枝分かれした人生の分岐点で、何かを決断しなければならない。

そして2週間という短い生命を燃やすのだ。
オイラたちのタイムリミットも2年。

そのうち3ヵ月半過ぎたのだから、2週間のうちの3日、もう過ぎたことになる。

そう考えるとかなりヤバイ。

今日この日、このセミに出会ったことは、このセミにとっても、
オイラにとっても、大きな事件だったかもしれないと思う。

今度ここへ来るときは、上のほ〜ぅに抜け殻があるのを祈って。



空蝉を 見つけて願う 恩返し



080720_semi.jpg




いやマテ


鶴ならいいがセミはまずい。

オイラ羽化してからは嫌いなんだよ。
セミ。

キモイもん。

特にあの腹が。


あの腹を見せて死ぬ姿がなんとも醜いじゃねぇか!!

有終の美を飾れよ!!


蝶はイモムシから綺麗な羽を持つというのに…


成長して悪くなる。


今のジャニーズを見ているようだ…


posted by DJ.ARATA at 23:50| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 平々凡々不定記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。