2007年01月31日

納豆復活。


昨日スーパーに買い物いったら、納豆が復活していました。


しかも





すべて108円。






…発注したスーパーのみなさま。
ご愁傷様です。

posted by DJ.ARATA at 21:37| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 平々凡々不定記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

調子に乗って新訳Zガンダム映画登頂。

調子に乗って観てしまいました。

Zがあまりに救えないのでラストが変わったという噂の映画三部作。

仕方ないとはいえ、普通の人が見てもわからないだろう。

…展開早すぎて。まぁわかりやすくしようというセリフなどは入っていたり、ヘンケン艦長とエマ中尉のエピソードもレコアとクワトロ大尉のエピソードもわかりやすくなってますね。

…なんたって「恋人たち」ってタイトルですもんな(笑)
レコアとエマ中尉(なぜエマさんだけ敬称が入っているかは聞くな)の最後の接触のときのセリフも変わってましたね。

逆に「エマ、あなたもわかるでしょう」(みたいなセリフ)
だったけどエマ中尉がそのセリフについてほんまにわかってたんかどうか…。
だって、彼女、男女関係的には恵まれていたような気が…。

ま、いいや。「恋人たち」だもんね。(意味不明)


とりあえず、Gacktをなんとかしてください。
ガンダムが好きなのはわかった。
わかったから、妙な曲はやめてくれ…。
TV版の主題歌流すだけで十分やと思うんやけど…
水の星がなんちゃらって曲。
…アレも愛をこめて的な曲だったな。

テーマは愛なのか!!!
(今頃気づいた)




…ぐすっ(悲)

エマ中尉ーーーーーーー!!!(もはや信徒)


そんなオイラの悲しみとは裏腹に妙にハッピーな色のラスト。
エマ中尉が亡くなったのに喜ぶなーーー!!(すでに信徒)

なんとなく機動戦士ガンダムのラストに似てるような。
あれはあれで納得できるものでしたが、
ちょっと…
多くの命を吸った(?)Zの最後はやはりTV版の方がいいのでは…?
オイラはそこまで救いがないとは思わなかったし、ええんちゃうかな?


…最近救われない映画観すぎて免疫ができたかなw(またかよ)
ほら、アカデミー賞で言えば
「ミリオンダラーベイビー」とか
「ミスティック・リバー」とか! (ほんまに救えねぇ。)


posted by DJ.ARATA at 19:25| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 平々凡々不定記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

Zガンダム…全50話踏破。

エマ中尉がーーーーー!!!


つらい。
オイラああいう良き上司であり良き姉・兄のようなキャラクター好きなんです。
自己分析じゃありませんが、ああいうキャラがアニメでも映画でもドラマでも出てくると、たいていお気に入りになるんですよ。ファーストガンダムのミライさんも若干そうでしたが、エマ中尉ほどじゃなかったっすね。

実は兄や姉が欲しかったんかなぁ、と思うんですよ。
ああいう人を見ていると。
意外とシスコンとかになるかもですね(笑)

そしてエマ中尉…。
最後の最後まで映るシーンがあるっていうのが作り手のちょっとうまいところなのかなぁと思ったり。

だってさ、ほら、普通舞台から降りてしまったキャラクターって映らないじゃん。降りたあとも映ることで余計悲しくむなしく切なくなりましたです。

それにしても…

このアニメの男ども!!!

女にウツツをぬかしすぎ!
女によって感情的に行動しすぎ!
そのせいで部隊全滅の危機を招きすぎ!

一歩間違えればやばいぞコラ!

イライラするぜ…カミーユもカツもクワトロさんも!


「ふっ… それが男のサガ、男のロマンなのさ…」

とか思ってるそこのあんた!!
ふざけんなー!!!

前のアムロのイライラは青臭さに感じたけども、
こいつらは年をとっても…いや、死んでもなおらんやろう。




で、どうにも救われないという噂のエンディングですが。


オイラは意外と、あれでいいのではと思った。
ちょっと最後のほう、怒涛の勢いで人が死にすぎですけど。
人は限界を超えたらああなるもんだろうとも思うし。

…きっと人が死にすぎることに関してはファイナルファンタジーシリーズで免疫ができたのでは…(笑)

やっぱり…

エマ中尉ーーーーーーーーーーー!!!(またかよ)
posted by DJ.ARATA at 23:56| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 平々凡々不定記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

納豆がない。

今日も納豆の棚だけ真っ白。

何もない。



あるあるが捏造だとわかっても、やはり入荷はすぐに整わないもので。
こういうときってコンスタントに買ってる人にとっては非常に困るのです。
だからオイラはみのもんたもあるあるも嫌い。


イライラしながら晩御飯作ってて、キュウリを切った瞬間、キュウリのにおいがしました。
当たり前なんだけど、キュウリのにおいでスズムシを思い出すのです。
小さい頃にスズムシ飼ってて、キュウリかナスをあげてました。だからキュウリのにおいはスズムシのにおい。

いつも思い出します。


共食いの現場を。
社会は厳しい。
posted by DJ.ARATA at 23:59| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 平々凡々不定記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

万年筆買いました。

<と言っても、高価な良質のものではなく、子供用のものです。
Pelicanのfuture ¥1,500也。

これに慣れたら、私の一品的なものを買おうかと。
シャーペンも1,000円のもの買って使ってたけど、似たような風貌の2,000円のものがあり、店頭で使ってみたらかなり良かった。

ショーーーーーーーーーーーーーック!!!!


この1000円の差は大きい…。
やっぱuniよりPILOTだなぁ。

あ、そうそう、大阪近隣にお住まいの方。
東梅田、泉の広場上がってけっこうすぐに安い文房具店あります。
FUKUYAだったかな。
500円のものが380だったり、2000が1680だったり。
スーパーとかの安い子供用ノートとかじゃない限り、意外と文房具って定価。
その店では手帳でさえも割引!!!
たぶん行ったら後悔する人もいるでしょう(笑)
まさか2007年の手帳が安いとは。

070120_slamdank.JPG


てか万年筆でSLAMDUNK描いてみました。(文字を書けよ)
やっぱ筆記ようだから難しいや。(当たり前だろ)
絵を描くならコミック用のGペンとかの方がええんやろなぁ。

ステーショナリーにこだわるのって楽しい。

今月に入って、手帳も含め文具に10,000円近くかけてます。
posted by DJ.ARATA at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 平々凡々不定記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

どんな花ですか。ソレ。

今週、天満橋で全国カレンダー展なるものがありました。
企業カレンダーの展示会で、オイラは研修の一環で見に行かないとあかんのでした。

まぁあまり欲しいものがなく、むしろ自分で作りたいくらい。
そうですね、
建設的ではないもので言えば、「あの頃青春カレンダー」

'83とか'76とかあって、その当時のアイドルたちが毎月載ってる表紙込み13枚ものカレンダー。もちろん男性編、女性編とある。
どう?

団塊の世代に限らず、「あの頃」のカレンダー、欲しかったスターのポスターなんて魅力的なんかなぁと。
まぁそうやって過去を追い求める人が多いのは良い社会ではないでしょうけど、流行りそうやし。

そうそう、中に花カレンダーがあって、365日それぞれの日の花がのっている。誕生花?
4月1日は「アーモンド」から始まり、9日は「桜」、11日は「はなしのぶ」、12日は「梅の花」、13日は「あさがお」

なのにオイラの10日は「つるにちにち草」

なんよ、そのつるにちにち草て。
妙に間抜けそうやん

てことでネットサーフィン。

★蔓日々草★

キョウチクトウ科。花期は春〜秋

■花言葉
 楽しい思い出(Pleasant memories)

■花占い
 友情を大切にするあなたは、生涯に渡り、よい友人に恵まれます。初恋の人との思い出を、死ぬまで持ちつづけるロマンティストでもあります。一生、青春まっただなかのような人。あなたをパートナーとする人は、本当に幸せです。

■「つるにちにち草」のエピソード

 思想家のジャンジャックルソ-が植物好きだったなんて余り知られていませんが、ある日その彼がこの草を見つけたとたん30年も昔を思い出したというのです。
悲しい恋の相手ド・ワレン夫人と野原を散歩した日の幸せな時間。
花言葉の通りです。
男と女がたった2人でこの葉を食べると突然愛が生まれるとか、口に含むと鼻血が止まり、歯痛も止まるとか、この草には不思議なエピソードが色々あります。

月の満ちる夜、この花を採ると、病魔除け、狂気を治すといわれていました。
アングロサクソン人の間では、毒蛇に噛まれた傷も治ると信じられていました。
 イタリアでは「死の花」。常緑で不死のシンボルなのですが、死んだ子供をこの花で飾るところから、この名がついたという話です。
 蔓と蔓がしっかりと絡み合い、毎日毎日花開くので「つるにちにち草」という名がついたそうです。
 この花を噛むと、渋い味がするので薬草とされてきました。



なんかわからんけどええ感じやんけ!!!

訂正。
オイラのロマンチックな象徴のような素晴らしい花なのでした。



って、オイラも過去を追い求めている一人なのかもしれませんな。
posted by DJ.ARATA at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 平々凡々不定記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

犠牲を払うという決断

今、将棋が密かにマイブームです。
でも毎日ゲームするわけにいかないので、一日4問くらい詰将棋を解いてます。

奥が深い!

なんせ初心者なんで、一手詰からやってるんですが、一手であっても難しい。
全ての駒の動きを考えて、ここに動かせばどうなる、ここならば、と全てを検証せなあかんのです。
きっと三手詰やったら一日2問やろなぁ。

一手詰で、たとえ同じ正解であっても、解答は自分が考えている以上に深いところまで練っている。
普段から自分がしっかり考えつくせていない証拠やなぁと感じる次第。
とにかく、無意識に自分は「いかに無傷で勝つか」を出発点にしているんですよ。
視野が狭くなる。

歩くんを、香ちゃんを、飛車角さんを犠牲にしてでも王手のときがある。
それがなかなかすぐに見出せない。

今年の目標の1つは「切り込み隊長ではなく殿(しんがり)」

勢いで突撃するのはイノシシの特技だが、
最後尾として犠牲を払ってでも「核」を守りぬく―
そして攻める

そんな殿になる。これが目標の一つ。

猪突猛進の自分の年だからこそ新たに。
12年前よりも大人にね。

スケールは違うけども、イーヴォ・ポゴレリチのピアノ・コンサートに誘っていただきました。
その節はありがとう。

仕事の後19時ということもあり、シンフォニーホールの座席に座った瞬間、睡魔のスィーちゃんが。

しかし、1曲目を爆睡したおかげで、あとの曲はよく聴けました。
これってある意味、犠牲をはらったってコト?
posted by DJ.ARATA at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 平々凡々不定記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

12年とは早いものです

当たり前だけど頭の中をぐるぐる回った思考。

地震があった。それは小学校5年生の1月、もうすぐ6年生。
それは12歳になる年。12歳といえば2度目の亥年。
亥年は今年。今年は24歳。それは阪神大震災から12年…

などとずっと回っていた。
今、オカンが担任しているクラスは中学1年生。13歳の年。学年全員が震災を体験しているという意味では最後の世代と言える。
17日に学校で阪神大震災を振り返る時間が設けられたらしい。
そして、そこでわかったことなのだが、クラスに一人、額の一部が陥没している子がいるそうな。地震の傷跡。
赤ちゃんだったから助かったってのはあるだろな。

そして彼らは池田小の事件の犠牲者とも同じ年代。
暗い時代を生きている世代だからこそ明るい世の中に漕ぎ出して欲しいものですなぁ。


さてさて、不幸な世代選手権では我らも負けておりません。(なんやそりゃ)
亥年周辺ってやっぱり不幸なんか?

その子たちとは違って、おいらたちは物心ついたころ、というより自分と社会、みたいなものを感じ始めた、いわゆる思春期みたいな時期に大震災を経験。同じ年にサリン事件。
中学校に行ったら1つ上の子が神戸で酒鬼薔薇に。
大学進学するのか、というより大きな人生の岐路で9.11。

けっこうイタイ社会に生きてマス。バブル終わってるし。

地震と言えば

前もお話しましたが研修のとき、阿倍野防災センターでの地震体験コーナーを思い出します。
阪神大震災、北海道南西沖地震、中越地震。それらの揺れを体験できます。

揺れが一番怖かったのは中越。
しかし、一番響いたのはやはり阪神。

揺れた瞬間、思い出したのです。これだと。
12年間、体は忘れていなかった。
しかも起こった当時そのものを。机、布団、天井。

記憶を一時的に失くしている人が思い出した瞬間って、これに似てるのかな。
ドラマみたいだけど、本当に電撃が走ったようだった。
posted by DJ.ARATA at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 平々凡々不定記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

スラムダンク読破

サボった分の日記をまとめて上げちゃう。

いまさらながら、スラムダンクを読破。
なかなか良かったです。名作たる所以もわかるね。
ただ、今までいろんなとこで、どのシーンが感動、名シーン、
っていうのを聞いてきたので、意外とフツーだったり。

「安西先生、バスケがしたいです」も、
メガネくんの3Pも。

泣きそうにはなるけどさ。

でもやっぱり熱くなるのはミッちゃんだね。
なにせミッちゃんは華がある。
彼の3Pのときは際立って時が止まる。
本当に自分の周りの音が聞こえなくなって見入ってしまう。
シュートが入った瞬間ザワザワーっと周りの音が聞こえて。
あの表現は素晴らしい。
名作という理由はあの描写にこそある!と思う。

あとは藤真が負けたときかな。
「ありがとうございました!!」って。

泣けた。
仙道もそうだけどさ。
負けたときの悔しさと潔さ、複雑な気分になるよね、夏って。。。

でも、最後に!
さりげなさNo.1の水戸君。
けっこうタイプだ。こういう人。
posted by DJ.ARATA at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 平々凡々不定記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

女子高生のトキメキ。


今日、仕事帰りにTSUTAYAに寄ろうとしたら、店の前で自転車に乗った女子高生2人とすれ違いました。

聞こえてきた言葉は

「●●が…でさ!  ちょ→背が伸びててマジかっこよくなっててん!!ホンマどうしよ→!!!」
「えええ! マジあいつが!?見たかったって!!」



うーん。
女子高生ともなれば、そういうトキメキが欲しいお年頃でしょうな。
小学校か中学校か知りませんが、その彼はきっとチビで対象外だったのでしょう。(かわいそうに)
それがかっこよくなってたもんだから困っちゃうよね。
うんうん。
だから君たちも

「●●マジかわいくなってんだけど!ヤベぇ!」
「俺も思った!!」

と言われるようにがんばれ。

ちなみにオイラの周りでかっこよくなってたやつってのは、
やっぱり小学校でもモテるやつだったので、あまり驚きませんでしたね。ハイ。

てか、たまたま聞こえてきた言葉から物語を作る癖が、抜けません。
posted by DJ.ARATA at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 平々凡々不定記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。